スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲斐犬ミックスちゃんその後

2014.09.03 08:11| 未分類


以前ブログでお知らせした、保健所に保護された甲斐犬ミックスちゃん。
IMG_1080-2.jpg


同僚(犬好き)が警察に連絡して結果保健所に引き渡されたのですが…。
その同僚の働きかけで、保健所から動物愛護団体へ引き取られて、里親を捜すことになりました。
和犬の割にはフレンドリーで大人しく、人好きの子らしいです。

実はその同僚、犬好きなのですが数年前に愛犬を亡くしペットロス状態。その犬の話をするだけでいいトシの男性なのに泣いてしまうくらい。
私は彼が飼ってくれないかな~と思っていたのですが、本人が「前の犬に悪い」「亡くした時が辛すぎる」と頑なで…。
どうしても殺処分になってしまうのだったら引き取る覚悟はあったらしいのですが、毎日のようにしつこく保健所に確認の電話をしていたら、保健所の人も彼の熱意に押されたのか、優先的に動物愛護団体に引き取られるよう手配をしてくれました。

もちろんその犬一頭だけがたまたま殺処分を免れたからといってメデタシメデタシではありません。
その子が動物保護団体に引き取られたことで、その枠に入れたはず?の別のワンコが殺処分になる可能性もわけで…。
世の中には今日も殺処分を待つ犬がいるわけで……。


私などにできることはほんの砂粒にもならないくらいですが、でもしないよりはマシ。
家にあるOPDESの参加賞のタオルが流石にたまってきたので、まとめて保護団体に差し入れようかな~とか。
(競技会参加者の方、お宅のOPDESタオルもあまってませんか?この活動広めましょうよ!)
時間があるときに腱ケアやシャンプーのお手伝いボランティアに行こうかな~とか。
もし遠い遠い将来、瑠璃もランも亡くなってしまった時、また犬を飼いたいと思ったら次に飼うのは保護犬にしようかな~とか。

無理なく、自分が出来る範囲で出来ることを少しずつ。
あくまで無理せず、ね。それが一番大事。


とりあえずご心配をおかけしました、その後の甲斐犬ミックスのお知らせでした。ペコリ。


さ、瑠璃ランがうるさいので散歩行ってこようっと。





スポンサーサイト

コメント:0 トラックバック:0
<<ダニに間違われた話。 | ホーム | ランラン4歳になりました。>>








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。