スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瑠璃とランディーの不調???

2013.12.02 21:47| 未分類

先週はちょっとビックリするふたりの体調の変化がふたつあったので記録しておきます。

まずはランディー。
P1040947.jpg

先週半ば、レッスン中のこと。前半タッチボードの練習をこなし、残り時間で少しハードル練習をしましょうと言われ、トレーナーがまず見本でハードルを1本飛ばせました。高さは30センチだったかな。
普通に飛んで着地、「ランディー上手~」とトレーナーがオヤツをあげようとした瞬間。

ランランは急に「キャインキャイン!!!」とけたたましく異常な鳴き声を上げました。
それはちょっと長く数秒続きました。トレーナーもビックリ。
その後も首や肩の辺りを触られるのを嫌がり…。その日のうちに病院に連れて行きましたが、病院では痛がらず全く鳴かず、「これだけ可動するので今は痛くないんだと思います」とのこと。
念のため痛み止めをもらって帰りましたが、その日はトイレ出ししてもリードがちょっと張っただけで「キャン!」と鳴いたり、食事の時もいつもはそばで準備を待っているのにベッドから出てこなかったり…。(ご飯は食べました)
でも翌日にはまったくいつも通りで痛がる様子や異常は見られませんでした。
とりあえずその週はプチ練もお休みして散歩のみで様子を見ました。

……何だったんだろう? 
飛んだ時に怪我をしたとかトゲが刺さったとかも無い感じなんだけど……なにか嫌なことでも思い出したのでしょうか? ハードル練習は初めてじゃないんだけどな~?



そして瑠璃。
P1040981.jpg

実は私は今、某ドッグケアの講座に通っているんですが。
8回の講座の通算4日目。瑠璃はモデル犬として講座仲間にケアをしてもらいました。

そして翌朝、講座5日目の朝。
瑠璃は普通通りに起きてご飯を食べて、家の周りの遊歩道にトイレ出しして…とその時まではいつもと変わりませんでした。
そして車に乗せて、いつもの散歩の公園へ移動。
まずはランランを散歩させて、次は瑠璃と交代、と思ってランランをしまって瑠璃を車から出したら……左後ろ足が地面につかず、3本足になっている!
そのままひょこひょこ3本足で歩く瑠璃。

えええ??
触っても痛みは無い様子だし、見た目的に異常はなし。座らせると、左が崩れて後ろ足を投げ出す感じに。
慌ててクレートにしまって、そのままドッグケアの講座へダッシュ!講義開始前にケアの先生に瑠璃をみてもらいました。
瑠璃はここのケアを夏頃から受けています。

でも先生がどの筋肉を触ってもやはり痛がらず、関節の可動も普通にあり、それでも左後ろ足は地面におろさず……先生も「う~ん?」首を捻るばかり。困った先生は奥から院長先生を呼んできてくれました。
院長先生のみたては「ねじれひどくなっちゃってんな~」と。
初めてここのケアを受けた時、瑠璃は体幹がねじれていると言われて、それから月イチで通ってかなり改善したはずだったし、運動も無理はさせてないはず…。
「とりあえず休ませてあげた方が良い」と言われて、クレート待機。
前日、ケアをしてくれた講座仲間も「私たちのケアが悪かったのかな?」「ゆるめすぎちゃった?」とすごく気にしちゃって。

こりゃ一週間後の秋ヶ瀬はとうてい無理だな~、とあきらめた瞬間、講座仲間の一人が言いました。
「昨日、ケアしたのは左の座骨周りだけだよね」
それを聞いたケアの先生が「それだ!」と。
前日のケア、瑠璃は特に硬い左の大腿部のケアをしてもらいました。先生の指導で「左右をやらないでくださいね~、あえて違いがわかるように」とのことで、本当に左だけ。

そう、瑠璃の場合、前日左のみをケアしてしまったせいで、体の左右バランスが崩れたみたいです。
多分左のみが軽くなり、違和感で足をつけなくなったのでしょう。
院長先生の「ねじれがひどくなっている」という見解も、その為だったと考えます。

結局右もちょっとケアしたら、足をつけるようになりました。
すごいビックリした……。

ケアは左右均等にバランスよく!
その日の夜には右を中心に、でもバランスを考えながらケアしました!
その後三本足で歩くことはありません。
いやあ、勉強になった……。というか、ケアすごい、というか怖いと言うか。


講座通算6日目の昨日はランランがケアのモデル犬に。
私は違う犬のグループに入ったのでランランのケアは見てないのですが、終わった後すっきりしたラインになり、首輪もちょっと緩くなりました。
でもランランのケアをしてくれた講座仲間の一言。
「ランディー、ケアの間ずっとち○ち○舐めてた……」
おいおいランラン…… 
ランランなりに知らない人に囲まれた緊張を解こうとしての行動だったんだろうけど…母ちゃんちょっと恥ずかしい……。



IMG_5804.jpg

IMG_5811.jpg

そんなで瑠璃とランランは元気です。

スポンサーサイト

コメント:4 トラックバック:0
<<9時の男。 | ホーム | グリーントライプ>>

心配でヒヤヒヤしましたね。
お疲れ様でした。
でも、何かあったわけではなくてよかったです!
ランランはどうしたのでしょうね。
イタグレって大げさなときあるけど、理由がわからないとヤキモキしますよね。

実はベルナ脚に傷の炎症起こしていて、ちょっと治りがよくなくて週末は無理かもしれません(*_*)
瑠璃ちゃん気持ちよく走ってきてね〜

No title

>ベルナママさん

え~ベルナちゃん大丈夫ですか?
心配ですねe-351

瑠璃はともかく、ランディーは饒舌で大げさで…。抱き上げただけで「キャイン」と鳴く時があります。
でもあの時は明らかに異常だったので…。その後まったくなんともないですけどね。
原因は今も分からず…本当に気になります。

とにかくベルナちゃん早く良くなるといいですね。
お大事に!

No title

ドキドキしながら読みました。
大丈夫なようで良かったです。

原因がわからないと、気をつけることもできないので
心配ですよね。

それにしてもドッグケア、すごいですね!

No title

> giottomam さん

ご心配おかけしました~。

ランディーは未だに原因は分からないままですが、その後そんな風に鳴くことはまったくありません。
先日もハードルレッスンしましたが、トレーナーが「もういいよ」と苦笑するほど、オヤツ欲しさに指示してないのにぴょんぴょんハードル飛んでました。

瑠璃もまだバランスが完璧ではないのか、一瞬ヘンな歩き方をしてるかな?と思う時がありますがすぐに治りますし、痛いとかはないようです。競技会でも、いつもより速く走れたくらいでした。

ちなみに私が講座に通っているドッグケアはこちらです。
http://inugoyanews.blog44.fc2.com/

ケアを覚えたら、今度giottoくんのケアもさせてくださいね!










この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。