スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瑠璃の災難な一日。

2011.07.15 22:46| 未分類

この時期でも自分の手荒れがヒドイので、最近皮膚科で軟膏をもらってきた。

ほぼ未使用のその軟膏を、10gぺろりと舐めてしまった瑠璃。


P1000354.jpg


薬の名前は「亜鉛華軟膏」……って、その名の通り「亜鉛」じゃん!
必須ミネラルで欠乏症は味覚障害を引き起こすんだよね。(ブラックホスピタルで見た知識)
亜鉛を多く含む牡蠣を食べすぎたと思えば……。

イヤイヤ、鉱物ってカドミウムとか水銀みたいに中毒症状があるはず!!
亜鉛だって過剰摂取はダメでしょう!!

まあ大丈夫だろーと思いながら、念のため動物病院へ。


P1000356.jpg


動物病院のドアをくぐった途端、震えはじめ尻尾入ってます!(自業自得) 


獣医さんもそんな物を誤飲した犬は初めてのケース。
「とりあえず安全を期して吐かせましょう」と言うことで、発泡剤の嘔吐誘発剤を注射器で口から飲まされる。

「吐くまで待合室で15分くらい待ってください」と言われて待合室で待機。
その間、二人の先生が分厚い薬理の本や医学書を引っ張り出して調べている姿が透明な窓から丸見えだったりして……。

そして瑠璃はまったく吐く様子はなし。
夕飯を食べた直後だった瑠璃は「意地でも吐かない!」とでも思っているのでしょうか?


でも事態は意外と深刻に。

先生が一生懸命調べてくださった結果、瑠璃が摂取した亜鉛軟膏は10%の濃度らしく、それを10g舐めたということは、多分1gの亜鉛を摂取しているということ。
そして亜鉛にも種類があって、もしその軟膏の亜鉛が酸化亜鉛だとしたら、致死量は人間で0.5g~なので、致死量を超えている…ということ。

中毒症状を起こすかもしれない、最悪多臓器不全ということもありえなくない……などなど。

その時点で瑠璃的にはまったく症状はなし。
とりあえずちょっとでも吐かせるため2度目の嘔吐剤を今度は缶詰のフード1缶に混ぜていただきました。
夕飯食べたばかりなのに、勿論完食の瑠璃。

そして15分後、やはり吐かず……。どれだけ食い意地張ってんだ!!
獣医さんにも「すごいですね…」と苦笑されてしまう。


P1000357-1.jpg


症状はこの後出るかもしれない、と注意されて、吸着剤と消化器症状が出た時のための胃薬をもらって、2日後に採血の予約をして帰宅。
本当は帰宅後吸着剤を飲ませるように言われていたけど、すでに満腹な瑠璃は吸着剤入りのヨーグルトを拒否して、動物病院で緊張して疲れたのと缶詰のフード+発泡剤で満腹ですぐに爆睡。


P1000368.jpg


瑠璃も疲れたのだろうけど、私も疲労困憊でぐったり
獣医さんは心配して、数時間後に電話をくれましたが、瑠璃はフツーに睡眠中。
そしてお腹がこなれた頃、夜中起き出して吸着剤入りのヨーグルトも食べていました。

瑠璃的に災難な一日だったけど、案外缶詰フードやヨーグルトを余分にもらえてラッキーな一日だったかも??



翌日は外出予定でしたが予定をとりやめ、瑠璃と一日まったり。
午前中も獣医さんから状態確認のお電話をいただきましたが、瑠璃はまったく平然。

そしてその翌日、採血に。
結果、「中毒で溶血性貧血をおこす可能性がある」と言われていましたが、実際はヘモグロビン(正常値12~18)が18.2と、逆に微妙な高値。
「血の気が多いですね」と獣医さんに笑われる始末。私だって普段10程度なのに…。

あとはリパーゼという膵臓から出される脂肪分解の酵素が高値だったけど、軟膏には主成分の他に保湿剤としてミツロウや植物性油が練り込まれているので(瑠璃が軟膏を舐めるのはそのせい)、多分その脂肪分解のための上昇と思われ、それ以外は全く正常値。

つくづく健康です……。そして今日現在、まったく瑠璃に異常はなし。嘔吐も下痢もなし。今日も快腸。
念のためともらった胃薬は結局内服せず。


シュワンツ母にそんな瑠璃の胃腸の丈夫さを話したところ、
「瑠璃は死なないと思う。あと20年は絶対死なない!」と真顔で断言されてしまいましたとさ。



ところで、現在の瑠璃の体重は。

P1000359.jpg


ダイエット頑張ろうね……。







スポンサーサイト

コメント:0 トラックバック:0
<<ねぞう2 | ホーム | ダンゴ虫>>








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。